スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ働くのか

復職に向けていろいろと自分の頭の中を整理しています。

単に職場に戻るだけでなく、再休職を防ぐ対策を準備しておく必要があります。

その中の一つに働くことへの動機づけがあります。
自分はなぜ働くのか、なぜ職場に戻りたいのか、あるいは
なぜ戻る必要があるのか、といったことをハッキリとさせておくのです。

目的がハッキリしていれば気持ち的に踏ん張りが効きますし、
逆に目的から外れた行動を抑制することができます。

「あなたはなぜうちの会社で働きたいのですか。」

就職面談ではよく訊かれる質問です。

多くの人はポジティブでそれっぽい受け答えを事前に
用意していたかと思います。
場合によってはホンネを隠し、タテマエを全面に押し出すことも
あるかと思います。

私も学生時代の就活のときも、転職の面談のときも
タテマエをうまく使いました。

でも、今私が考えなければならないのはタテマエではなく
ホンネの動機です。

実のところこれまで真剣に向き合うことがありませんでした。
大人になったら働くのが当たり前で、特にやりたいことがなかったので
とりあえず会社に就職しサラリーマンを続けてきました。

今でも「これで食っていきたい」といったモノはなく、
会社内でも「これがやりたい」といったモノはありません。

周りの人たちは生き生きと、前向きに仕事をしているのに比べ
自分はなんと腰が引けていることか。
申し訳ない。

と思っていました。

でも今更無理にやりたいことを探しても簡単に見つからないでしょう。
この歳になっての「自分探し」はなんだか青臭いし・・

とりあえず、「仕事やりたい」という動機は棚上げしておくことにしました。

一方で「やらなくてはならない」理由ならあります。

①まず一番は「お金を稼ぐため」ですね。
あたり前すぎですが。

家族の衣食住すべてにお金が必要です。
子供の教育資金も必要。
車のない生活は現実的にはムリがある。
老後のためにも蓄えておかなくてはならないし。

症状さえ収まれば、家族の中では私がもっとも稼げます。今のところ。

だから私は働きます。
今の会社は給与水準が高いので今の会社で働きます。

②もう一つの働く動機は「世間体」でしょうか。

アラフォーのおじさんが平日の昼間からブラブラしているのはちょっと目立ちます。
人目を気にしてしまいます。
働かなくてスミマセンみたいな気持ちが消せません。

家の中で一日中じっとしているのは辛いですし。

男が働いて家族を養うべき、とか
働く人がエライとか主張する訳ではありません。
会社に勤めてフツーのサラリーマンしていた方が目立たなくて落ち着きます。

平日休みの人は平日の昼間にブラブラするでしょうから
私が勝手に人目を気にしているだけかもしれません。
見ず知らずの人たちの目については自分の内面の問題でしょうね。

でも近所の住人からの視線は内面の問題だけでは片付きません。

世間話程度には付き合いがあるので顔が割れています。
でもそんなに親しい訳ではないので、病気で休職していることはオープンにしていません。

「あそこの家の旦那さん、いつ仕事してるのかねぇ?」
「お前んちの父ちゃん、いつも家にいるよな」

もしかしたらすでに言われているかもしれません。
早くフツーに戻ってそんなことに気を使いたくないです。

自分が「なぜ働くのか」を真剣に考えましたが、
結論はたいしたモノではありませんでした。

至って当たり前。

「自分の可能性を伸ばしたい」
「新しい自分を発見したい」
「これまでにない、誰もチャレンジしたことのないことに挑戦」
「広い世界で活躍したい」
とか前向きでアグレッシブな考えは、今のところありません。


とりあえず、
「やらなくてはならない」理由があるので、
私は復職します。

「やりたいこと」はそのうち出てくるでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ティベリウス

Author:ティベリウス
心を病魔に侵されたおじさんのブログです。
ちょっとこじらせてます。

2015年秋から休職。
2016年2月頃から復職に向けたリワークを開始しました。

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。