スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復職して一週間

一年の休職を経て復職し、一週間がたちました。

初日は緊張しました。予想通りです。

上の人たちや、職場の人たちに挨拶して回りました。
迷惑をかけて申し訳ないという謝罪と、
これからまたお世話になりますというお願いです。

PCやメーラーのパスワードを忘れてしまったので、
情報端末を管理している部署に連絡して再設定しました。

グチャグチャになったままの引き出しの中を整理しました。

これからの仕事の内容についての説明をもらいました。

職場のメンバーの顔触れはほとんど同じですが一年経っているので、
ほとんどの業務は当然進行していて、業務状況は変化しています。

まさに「浦島太郎状態」です。

元の職場に戻ったのですが、アウェー感に気おされそうになりました。

初日は仕事らしい仕事はせず、緊張しただけで終ってしまいました。

二日目も緊張したままでしたが、少しずつ仕事を始めました。

三日目以降は少し緊張が解けたためか疲労感が出ました。

ほぼ予想どおりの体調の推移です。

まだまだ細心の注意は必要ですが、ソフトランディング出来そうです。
スポンサーサイト

復職の目安

リワーク施設に通い始めて間もないころ、
担当のスタッフとの面談で質問をしました。

「もう復職しても大丈夫って思える目安はありますか。」

「『明日から会社に戻ってください』って言われても動揺しないで出社できる状態になればOKです。」

と即答されました。

その時私が思ったのは、
「そんな状態になるはずがない」
でした。

私はこれまで何度も休職し、復職しても一年持ちこたえられずに再休職という
失敗を繰り返してきました。

これまで復職してきた状態を思い起こせば、
「『明日から会社に戻ってください』って言われても動揺しないで出社できる状態」
ではありませんでした。

「会社に行きたくないけど、生活のために一日でも早く仕事を始めなければ。
仕事をするならば、しっかり働いていた頃のようにちゃんとやらねば。」
という心境でした。

つまり、追い込まれてガチガチに張りつめている状態です。
平常心ではなく、無理やり気分を上げることで逃げそうになる自分を抑え込んでいるような感じです。

復職許可が出て、実際に職場に戻るまで2~3週間の時間が空きます。
その期間に自分の気分を持ち上げて、落ち着かせて、途切れない不安を抑え込んで準備していました。

心の準備に数週間かかり、準備完了後もガチガチでした。

毎回です。

あの面談から約8ヵ月、
『明日から会社に戻ってください』と言われれば、
すんなりと出社できると思います。
多少の緊張はしますけれど。

体調はここ数年で最も安定しています。
体調を崩さないための対策も多く立てました。
自分の特性を把握し、弱点を知ることでダメージを小さくできるようになったと思います。
仕事が始まれば辛いことがたくさんあるでしょうが、腹をくくりました。

3ヵ月前から覚悟はできています。

先日、会社から復職許可が出ました。

一年ぶりに職場に戻ります。

仕事が好きになったわけではありません。
仕事のスキルは、休職前から上がっていません。
でも何とかなりそうな気がします。

プロフィール

ティベリウス

Author:ティベリウス
心を病魔に侵されたおじさんのブログです。
ちょっとこじらせてます。

2015年秋から休職。
2016年2月頃から復職に向けたリワークを開始しました。

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。