スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UV硬化レジンでアクセ作り

私の通っているリワーク施設では
月に1回工作のプログラムがあります。

今月は
「レジンで工作」でした。

レジンって何?って感じでしたが、
どうやら紫外線で硬化する樹脂とのこと。

無色透明です。

今回はこれを使ってオリジナルストラップを作ります。

材料は全て施設が用意してくれました。

金属のベースに模様がついたフィルムや小さな押し花、
細かいラメなどのデコレーション素材を適当に配置して入れます。

その後金属のベースにレジンを流し込み、
紫外線で固めたら出来上がりです。

材料は全て100円ショップで揃えられるとのこと。

レジンのアクセ花

今回私は模様を3層で構成しました。
少しでも立体感を出したかったから。

まずシルバーのフィルムを底面全体に敷いて、
その上に赤いフィルム片を入れてレジンを薄く流し込み硬化させました。
これが1層目です。

その上にオレンジのフィルム片を貼り付け
もう一度薄くレジンを流し込み硬化。
これが2層目。

2層目の上に薄紫色の小さな押し花を貼り付けて
さらに、銀のラメを振りかけてレジンを流し込み硬化させます。
これで3層になります。

最後の3層目は厚く中央が盛り上がるくらいたっぷりと肉付けします。

プログラムは1時間。
もっと時間が欲しかった。いろいろ凝りたかった。

次に作る機会があればもっと素敵なモノができそうな気がします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

人数は増減します

リワークに通って半年が過ぎましたが
メンバー数が多い時期と少ない時期があるようです。

私が通っているリワーク(デイサービス)施設のクラスは3つあります。
それぞれ目的が違うのでプログラムも異なります。

一つが私のいるリワークAクラス。
これはオフィスでの業務へ復職する人のクラス。

もう一つがリワークBクラス。
これは工場のラインなどの作業現場へ復職する人のクラス。

3つ目はベーシッククラス。
目的は復職ではなく、
日常生活を送るための基本的な能力を身につけるためのクラス。
仕事に就いていない人たちが所属しています。

私のいるリワークAクラスは現在20名ぐらいが在籍しています。
多いです。満席に近いです。

5月ごろは10名程度でした。
その後6月後半から増え続け現在に至ります。
もちろんその間にも復職を果たし、離籍した方もいましたが、
新しく入ってこられる方が多くトータルで増員となりました。

私がAクラスに入ったのは3月。
そのころも人が多く20名近くだったかと思います。

3月4月5月で復職者が相次ぐことでメンバー数が減り、
その後はリハビリ希望者が増え増員しています。

スタッフに聞いたところ、
こういうものらしいです。

毎年メンバー数が多い時期と少ない時期があるようです。

なぜでしょう?
勝手に想像してみます。


年度末・年度初は会社の人事異動が多い時期です。
会社の都合を考えれば、組織改正・人員異動に絡めて
復職してもらった方が何かと都合かいいのかもしれません。

復職する側もそのあたりのゴタゴタの時期に復職した方が
目立ちにくいかもという思いもあります。
休職していたことは誇らしいことではないので、
華々しく会社に戻るより、いつの間にか戻っていたと
思われる方が気持ちが楽です。

では、6月あたりからメンバーが増えたのはなぜでしょう?

これも会社の動きと連動しているのでしょう。

4月は異動になった、組織が改変した、仕事内容が変わった、上司が変わったなど
環境の変化が大きい時期です。

もともと弱っていた人にとってはこの環境の変化が最後のひと押しになって
ダウンしてしまう人も多いのでは。

ダウンして休職してもすぐの急性期は
「死にたい」「何もしたくない」「もう自分は終った」と思うほど弱っていて、
家から出られないケースが多いので
リワークに通うことすら困難なケースが多いようです。

で、通い始められる程度に回復するのが6月以降。

というわけで4月の年度替わりを中心にメンバー数の増減が発生すると。

勝手な想像です。原因を誰かに聞いたわけではありません。
ちゃんと調べた訳でもないです。

観察された事象について推察することを楽しむ程度には回復した
と自分を評価したいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

コーヒーゼリー

私の通るリワーク施設では月に1回
「調理」のプログラムがあります。

メンバーみんなで一つの料理を作ります。

今月はコーヒーゼリーでした。

料理メニューは数日かけてメンバーから募集し、
最終的に多数決で決めます。

今回で何度目かの参加ですが、デザート系が多いですね。

メンバーの中からリーダーとサブリーダーを選んで
調理の指揮を執ってもらいます。

じゃんけんで決めることが多いのですが、
今回は立候補でした。
素晴らしいです。

今回プログラムに参加するメンバーは17名。
かなり多いです。
一時期は10名以下の時もありました。
ここのところメンバーが増えてます。

賑やかで楽しいのですが、
みんな病んで苦しんでいるかと思うと
単純には喜べません。

さて、今回のコーヒーゼリーですが、
ゼリー作ってミルクシロップかけて出来上がり、
というモノではなく、
もう少しだけ凝ってます。

作ったコーヒーゼリーをコーヒーに沈めて、
生クリームとバニラアイスをトッピングするという
ちょっとカロリー高めのスウィーツでした。

グリコの「ドロリッチ」風です。

美味しかったです

「コーヒーゼリー」というメニューを選ぶのは多数決ですが、
どんなコーヒーゼリーにするかは
リーダー・サブリーダーにお任せです。

いいレシピを見つけてくれたリーダー・サブリーダーに感謝です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

今月のピアカン

先日通っているリワーク施設で
ピアカウンセリングというプログラムがありました。

略して「ピアカン」と呼んでいます。

月に1回あります。

5~9人ぐらいのグループに分かれて
あるテーマについて話し合います。

といっても議論するとか、ディベートするような熾烈なものではなく
雑談のようなものです。

「ピア」とは「仲間」という意味で、
同じような立場や悩みを抱えた人たちが集まって、同じ仲間としておこなうカウンセリングのことらしいです。

カウンセリングと聞くと、深刻な悩みを相談するイメージがありますが
ここでのピアカンはもっと気楽な、まさに雑談です。

ただ、メンタル系疾患を抱えている人ならではのエピソードなどが
出てくることがあるので、そういった意味では仲間うちでのカウンセリング
ということになるのでしょうか。
他のコミュニティーでは話しにくい内容も笑って話せます。
共感してもらえます。

今月のテーマは2つ。
・自分へのご褒美
・おひとりさまでの過ごし方


テーマは数日かけてメンバーから候補を挙げてもらい、
最終的に多数決で決めます。

進行役を一人決めて、
一人1テーマにつきおよそ5分程度で話をします。

たかが雑談ですが、病状の回復程度で感じ方が違います。
抑うつ状態がひどいときは話をするのも聞くのも苦痛です。

・話す内容を決める、
・人にわかるように話の流れを作る、
・話している時に聞き手の反応を見ながら話し方に微調整をかける、
・人の話している内容を理解する、
・適度に相槌をうつ、
・人の話の内容に興味を持ち必要ならば質問を考える、
・話の流れ、タイミングを見計らって質問する
などなど、健康であれば意識しなくてもできることが
抑うつ状態ではサッパリできません。

また元々会話が苦手なひとにとっては辛く感じるでしょう。

幸い私は雑談が苦にならない程度には回復していますので、
楽しいひと時でした。

なので今回は、
話が苦手そう辛そうなメンバーにいかに気持ちよく話してもらうか、
を心がけました。
これが私にとってのリハビリです。

結果はまぁまぁだったと思います。
最初は表情が堅かったメンバーも徐々にほぐれて、
朗らかな表情になりました。
当然私だけの力ではないですが・・・

とりあえず良い雰囲気には持って行けたかと思います。

で、
私の「自分へのご褒美」ですが、
「コンビニで買い食いすること」

「おひとりさまでの過ごし方」は
「ドラクエ、および庭仕事」
でした。

他のメンバーの内容と比べると話のスケールが小さく
ちょっと恥ずかしかったです。
こんなくだらない話を5分もできる自分を褒めたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

連休明けのツラさ、今回は・・・

連休明けは体調を崩します。
正月休み、GW、盆休み。
ほぼ必ずです。

多くの人も連休明けは調子が出ないものかとは思います。

私の場合は会社に行けなくなることが多かったです。
身体がダルい、不安で押しつぶされそう、気力がでず布団から出られない、など。

下手をするとそのままズルズルと回復せず、結局休職という事態もありました。

メンタル系の病気を患ったことのない人達には理解できないと思います。
理解できない職場の人たちは私の休職に
さぞ不快な思いをしたかと思います。申し訳ないことです。

連休明けはそれほど私にとって鬼門です。

もちろん連休明けに崩れやすいことは何度も経験していたので
いろいろ対策を立ててはきました。

ただ、前日までは全く問題が現れないにも関わらず、
当日になると症状が出ることが多く、
なかなか有効打がありません。

私の通っているリワーク施設の盆休みは1週間ありました。

先週後半に連休が明けましたが、
今回は乗り切りました。

若干のダルさはありますが、正常の範囲内だと思います。

GWのときもリワークに通っていましたが、
連休明け2日目にダウンし、1日休みました。

それと比べ今回は順調です。
コントロールできる範囲に収まってます。

回復してきている証拠でしょうか。

この先復職した後も、「連休明け」という問題はついて回ります。
ある程度の崩れは許容したうえで、再休職という事態だけは避けていきたいと
思っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

実習生がかわいい

私の通うリワーク施設には時々実習生がやってきます。

福祉系の大学生のようです。

先日9週間の実習期間が終わった女性は
作業療法士を目指しているとのことでした。

かわいいのです。

いやらしい目線からではなく
応援してあげたくなる可愛らしさです。

がんばってる感が伝わってくるのです。
話をした感じはしっかりしているのですが、
時折、「あぁ学生なんだなぁ」みたいな未熟さが香ります。

リハビリしているオジサンの相手を懸命にしている姿が
初々しいのです。
ベテランスタッフなら軽く受け流すオジサンジョークに
戸惑いながらも笑顔で応える姿に新鮮さを感じます。

年齢はハタチぐらいでしょうか。
私のおよそ半分です。

ハタチの娘さんにトキメキではなく
慈愛の感情を持つようになった自分に少し驚いてます。

いつの間にか歳をとったんだなぁ・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

バーテープ変えるぞ

ハンドルのバーテープを変えることにしました。

ずっと変えよう変えようと思っていて、
なかなか手が付けられなかったのですが、
満を持して(?)の挑戦です。

1年半ほど前に完成車で購入した自転車は
クロモリの細めでホリゾンタルなフレーム。
ちょっと「レトロな感じ」が気に入ってます。

購入時はハンドルもサドルも白色でした。
この辺のパーツはちょっとスポーティー。

なので、自転車購入時から決めてました。
サドルとハンドルのカラーを変えてやろうと。
レトロ風に変えてやろうと。

5ヵ月ほど前にサドルは茶色い革サドルに変えました。
一歩前進です。

次はハンドルのバーテープです。

革サドルに比べれば、バーテープなど安いもの。
さっさとやってしまえばいいのに
ウダウダと後回しにしてました。

ここにきてやっと気力と時間が充実してきました。
やってやりますよ、初めてのバーテープ交換。

交換前はこんな感じ。
バーテープ交換前

本当は革のバーテープに交換したかったけど、値段が高い・・・
8,000円ぐらいします。
雨や汗に気を使わなきゃいけないっぽいし。
交換は初めてで、失敗する可能性もあるし。

で、リーズナブルな「本革風」のものを使うことにしました。

Dixna(ディズナ)アースバーテープ ブラウン 1,620円(税込み)
茶色のバーテープ

もう箱に「レトロな」って書いてあります。
ジャストミートな感じです。

エンドキャップとブラケットテープ、フィニッシュテープ、ケーブル固定テープが
付属しています。親切です。

箱の裏に気になる注意書きがありました。

『製品の取り付けには知識・経験・技術が必要ですので
お買い求めの販売店にて取り付けていただく事をおすすめします。
適切に取り付けられていない製品は破損するに留まらず、
重大な人身事故につながる恐れがあります。』

えっ・・、マジで?、 重大な人身事故につながるの?
まぁ確かに不適切に取り付けられたテープでハンドルから手が滑ってコントロール失うかも・・
剥がれてビラビラしたテープが首に巻きつくかも・・・

怖いな・・・

重大な人身事故といわれると背筋がシャンとします。

ひとしきりビビったところで作業を開始します。

ところで、
固定テープってこれで足りるのかな、
フィニッシュテープでこんなに何本もいるのかなって思ったけど、
とにかく作業開始です。

まずはこれまで使っていた白いバーテープをはがします。
むき出しのハンドル

ケーブルはもうすでにしっかりと固定してありました。
この固定をそのまま利用します。
追加の固定テープは不要と判断。

ただちょっとベタベタしたので、クリーナーで軽くふき取ります。

いよいよバーテープの取り付けです。

作業手順は我が聖書、
KKマガジンボックス刊行『ロードバイク・メンテナンスまるごと一冊完全マニュアル』
の52ページに沿って進めます。

バーエンド側からクルクルと等間隔に巻き上げていきます。
カーブの部分も内側と外側のピッチのバランスで綺麗に巻いていきます。

聖書に忠実に作業をすすめます。

ハンドルのセンター近くまで巻いたので
まくり上げていたレバーのブラケットを戻して仕上がりを確認。

あれれ?隙間が空いてる。ハンドルの素地が見えてるぞ。

で、やり直しです。

結局、巻いては確認、巻いては確認を5回繰り返しました。

このあたりの手順、聖書にはサラッとしか書いてなかったのに・・
こんなに難しいとは。

右側ができたところで左側に取り掛かったのですが、
同じところでやり直し。やっぱり5回ぐらい。

上手くならないなぁ・・・

テープと格闘すること1時間。
やっと見られる程度に出来上がりました。

黒革エンドキャップ装着後

初めてなので、
まぁこんなもんでしょ。

明るいところで見るとテカテカしてビニール感が増します。
実際ビニールなので仕方ないですね。

今回はバーエンドキャップも変えてみました。

ジルベルソー(Gilles Berthoud) RACE BAR PLUGS レザーバーエンドキャップ ロード用
1,944円(税込み)
黒革のエンドキャップ

黒い革を使用してます。
バーテープはビニール製でコストを抑えましたが、
エンドキャップはちょっと贅沢しました。

このキャップ、バーにはめ込んだあと
六角レンチで真ん中のボルトを回すと
キャップがバーから外れない
というスグレモノ。

エンドキャップが内側からバーを押し広げるように変形する仕組みになっています。

バーテープ交換後02

バーテープ茶色交換後


新しいバーテープの使い心地ですが、
まぁ可もなく不可もなくみたいな感じです。

前に使っていた白のテープは厚みがあり、
もっとゴムっぽかったのでしっかりとした握り心地でした。

新しいテープは表面が滑らかなので
手に汗をかくと滑るかもしれません。

また薄いので手に振動が伝わりやすい気がします。

私のようなライトユーザには大きな問題ではありません。
グローブをはめれば解決です。


バーテープは走っていても視線に入る部位なので
交換し甲斐があります。

自転車への愛着もひとしおです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

「卒業生」を見送るときに思うこと

私の通っているリワーク施設は
おおよそ3~6ヵ月程度で「卒業」するケースが多いです。

通い始めてからそれぐらいの期間で
症状が良くなり、生活リズムも整い、集中力の持続や記憶力、気力もそこそこ回復し、
会社へ復職します。

もちろん、もっと長く時間のかかる人もいれば、短い人もいます。

元々の症状が異なり、回復のスピードも人それぞれ。
また戻る職場の都合も勘案するため、リワークに通う期間は一律ではありません。

私がリワーク施設に通い始めて6か月が経過しました。
もうすぐ7か月になろうとしています。

10名以上の卒業生を見送ってきました。

私より先にリワークに通っていた人が多いのですが、
中には私よりも後に通い始めて、私よりも早く卒業された人もいます。

卒業することはおめでたいことです。

再休職をしないように諸々の訓練をし、
復職をすることがリワークの目的ですから。

何週間も共に時間を過ごし、いろいろなプログラムを通じて交流し、
苦しかった頃の気持ちを共有すれば、
仲間意識が芽生えます。

そんな仲間の復職はうれしいし、応援したくなります。

でも、その時の感情は「うれしい、めでたい」だけではありません。

寂しいのです。

多くの場合、
復職を果たした卒業生と会うことは、
二度とありません。

努力の甲斐なく再休職となり、リワーク施設で再会、
というケースもまれにあります。

ほとんどの人とは連絡先を交換しあうほど仲が良いわけではなく、
もし交換したとしても、
リワークに通っている側はイマイチ症状が安定していないし、
卒業した側は復職後しばらくは精神的肉体的に疲労しやすい状況が続くので
会うことは現実的には難しいでしょう。

施設に通っていたころの「病気」「休職」「復帰」など共有感覚も薄れていきます。

もちろん全くないわけではありません。

本当に気が合う、話が合う、時間が合う人とは
卒業後も連絡を取ることもあります。

感覚としては学校の卒業に似ています。

学校に在籍中は仲がよく、これからも付き合っていくと思っていた友達の多くは
卒業後は音沙汰なし。

結局付き合いが続くのはほんの一握り。

リワークに通っているのはいい年をした大人なので、
そのあたりのことは経験済み。
学生のようにノリで連絡先交換はしません。

また、仕事のように人脈を広げるための連絡先交換もしません。
仕事の話をすると気持ちが落ち込む人が多いので、
具体的な会社名や詳細な業務内容の話はリワーク施設内では基本的に避けます。
なので、ビジネス人脈を広げる場としては機能しません。

さらに私の場合、リワーク施設を経営している病院とは
別の精神病院に通っているので尚更卒業生とは会えないでしょう。

そんなわけで卒業生を見送るときは一抹の寂しさが伴います。

もう一つ沸き起こる感情は「焦り」です。

「自分も早く復職しなくては。」
「彼はあの状態で復職できたのに、なぜ自分は復職が許されないのか。」
「彼はなぜあんなに早く回復できたのか。」

どうしても自分と比較してしまいます。

人によって症状も、回復速度も、戻る職場の環境も違うので
比較することは無意味です。

でも、わかっていても比較してしまします。

メンバーの復職で起こる3つの感情を割合で示すと
喜び: 75%
寂しさ:20%
焦り:  5%

ぐらいでしょうか。

最近「焦り」は減ってきています。
「人と比較しない」訓練の成果でしょうか。

私もいつの間にかリワーク施設で古株になっていました。

そんなに遠くない将来に卒業するでしょう。
今いるメンバーから見送られるのでしょう。

私の卒業にメンバーは何を思うのでしょうか。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

フロントディレーラーのワイヤと格闘する

愛車のチェーンをクリーナーで掃除しているときに気づきました。

フロントとリアのギアを一番外側にしたときに、
フロントディレーラーとチェーンが干渉していました。

今までよく見たことがなかったので
「あれ、こんなんだったっけ。これでいいんだっけ。」
てな感じです。

フロント干渉

トップギアで一番重い位置なので、
自分の乗り方ではほとんど使いません。

試しに乗ってみましたが、引っかかりを感じません。

でも気になるので、調整してみることにしました。
初挑戦です。

まずディレーラーにある調整ネジで位置補正を試してみました。

でも、残念ながら改善は見られません。

ワイヤーが伸びている可能性があるので、
ワイヤーのテンションを調整してみることにしました。

メンテナンスの解説が載っている本を参考に作業を開始しましたが、
「え、なんでなんで。ぜんぜんうまくいかないんだけど。」
みたいな感じです。

ワイヤーを引っ張ったまま固定できなし、
固定できたと思ったらギアチェンジが上手くいかなくなるし、
ディレーラーとチェーンの干渉がさらにひどくなることもありました。

一時間以上ワイヤと格闘しました。
結果、ワイヤはボサボサです。
ぼさぼさワイヤ

結果、ディレーラーとチェーンは干渉しなくなった、
気がします・・・

取り合えず載ってみて違和感はありません。

で、ボサボサになったワイヤーですが、
元々付いていたアルミ製のキャップは
もうつけられないので新しいキャップを自転車屋さんで購入しました。

1コ3円です。
早速取り付け。

ワイヤキャップ

一時間以上かけた結果、
自転車の状態が良くなったのかわかりませんが、
いい勉強にはなりました。

何事もやってみないと難しさはわかりません。
挑戦してみることに価値がある、
と自分を慰めた一日でした。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

がんばれエアコン

暑い毎日ですけど、リワークに通ってます。

リワーク施設には、もちろんエアコンが完備されています。

ところが、全く涼しくないのです。

私が普段活動する部屋は3階にあります。
3階建て建物の3階なので最上階です。

広さはおよそ20畳くらいでしょうか。
15人から20人くらいで各種プログラムの活動する部屋です。

エアコンは家庭用のものが1つ付いています。
霧ヶ峰のムーブアイがついているモデルです。
何年モノかはわかりません。

設定温度を18℃にしても、室内温度は30℃を超えてしまいます。

扇風機も回っていますが、暑いです。
じっとしていてもじんわりと汗が出ます。

こういった環境でも集中力を持続させる訓練をします。
なかなかしんどいですよ。

エアコンにはもう少し頑張ってほしい今日この頃です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

乗鞍高原に行ったんですよ

先日、信州乗鞍高原の一の瀬キャンプ場へ行きました。一泊です。
キャンプ場

白樺に囲まれた静かでとても雰囲気の良いキャンプ場でした。
乗鞍岳が見えます。

標高1500mくらいあるらしく、
真夏でも最高気温は27℃くらい。

昼間でも木陰に入れば快適です。
下界に比べれば別天地です。

ただこのキャンプ場、欠点が一つ。

駐車場からキャンプ場までが遠いことです。
約1.4kmあります。

少し上り坂になっているので、
20分以上かかります。

キャンプ場までの道

舗装されているし、道の脇には沢や草原、森林が広がっているので
散歩するには良いのですが、
キャンプ用品を抱えて歩くには長い距離です。

前もって調べたので、
できるだけ道具は減らしたのですが
それでもやっぱりしんどかったです。

幸い晴れていたので、
夜には満天の星空を見ることができました。

誇張ではなく本当に満天です。
なかなかお目にかかれないくらいたくさんの星が見えました。

駐車場のあるネイチャープラザの近くには
一の瀬園地なるものがあって、
沢遊びができます。
一の瀬の沢

とても澄んだ水が流れています。
かなり冷たいです。

浅いので泳ぐことはできませんが、
冷たすぎるので深さがあっても
無理だと思います。

高原はいいですね。
夏の間だけ移住したいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

産業医面談

今日はいつものリワーク施設に通った後、
会社で産業医と面談しました。

復職に向けて会社と調整をしています。

先月下旬の面談に続き2回目です。

前回は最近の体調と復職の意思の確認がメインでしたが、
今回はリワークに通ったことで何が変わったのか、
再休職しないためにどんな工夫をするのかなど
ちょっと踏み込んだ内容の面談でした。

私の場合、過去に複数回休職をしているので
産業医としては復職をホイホイと簡単に承認するわけにはいかないのでしょう。

今回の休職で初めてリワークを利用したのですが、
その効果を私なりの解釈で説明しました。

うちの会社の産業医にとってはリワークの効果など知っているはずですが、
私がしっかりと理解していて、リワークで学んだことを実践できるのかが
聞きたかったのだと思います。

結果、合格点だったようです。
産業医としては復職可との判断です。

あとは職場との調整です。


長期に、しかも何度も休職しているので、
職場には相当迷惑をかけています。

私に対して悪い感情を持っている人もいると思います。
今まではとりあえずは面と向かって非難されたことはありませんが・・・。

特に上司は私の扱いに困っていることでしょう。
申し訳ないことです。

今後は、会社から私にやってほしい仕事と
私のできること・できないことの調整が必要です。

私の状態はかなり回復したものの、
元の状態に戻ったわけではありません。
元の状態に戻るにはまだ時間が必要です。
また、実際に仕事して慣らしていかないと元には戻りません。

そのあたりを理解していただく必要があります。
全くもって申し訳ないことです。

まぁ、とりあえずは産業医はクリアです。
一歩前進しました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

プロフィール

ティベリウス

Author:ティベリウス
心を病魔に侵されたおじさんのブログです。
ちょっとこじらせてます。

2015年秋から休職。
2016年2月頃から復職に向けたリワークを開始しました。

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。