スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝生バリカンの刃研ぎ

芝生の手入れ用にリョウビのバリカンを使ってます。
AB-1610。

使い始めてもう6年ぐらい。

最近は草むしりが面倒になってきたので
間違った使い方と知りつつ、草刈りにも使っていました。

もう芝が刈り取れなくなってきました。

よく見ると刃こぼれも結構あります。

そろそろ刃を変える時期かなとは思いますが、
替え刃が高い。

近くのホームセンターでは4000円を超えています。

というわけで、刃を研いでみることにしました。

取説によれば、分解しないで研ぐのが正しいやり方らしいのですが、
それでは刃全体が研げないので分解してやってみることにしました。

刃を取り外し、有機溶剤でグリースなどを洗浄し
ダイヤモンドシャープナーでやすりました。

AB-1610
ダイヤモンドシャープナー

これまで包丁を砥石で研いだ経験はありますが、
複雑な形状の刃物は初めてです。

刃とシャープナーの角度を一定に保つことが難しい。

とりあえず刃先に金属光沢が戻ったことを確認したあと、
グリースを塗布し組み立てなおしました。

試しに芝を刈ってみたところ、
全く良くなってません。

何がいけなかったのか。

確認のため再度分解しようとしたところ、
刃と刃を合わせて止めるための金具が
はまっていませんでした。

これでは刃間のクリアランスが
不適切になっていた可能性があります。

で、その金具をしっかりとはめようとしたところ
破損してしまいました。

ペンチで強引にははめようとしたのが間違いでした。
金具破損

こうなってしまっては
替え刃を買うしかないです。

残念。

取り扱い説明書にないことすると
ろくなことがないですね。
それなりの知識と技術が必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「会話」が上手いらしい

先日、リワークでSSTのプログラムがありました。

SSTとは、
Social
Skills
Training
の略です。

社会生活技能訓練とも呼ばれるそうです。

その中で、
「会話」 「気持ちの伝達」 「計画性」 「問題解決」
のそれぞれの能力を自己評価して、
これからアップしていきたい能力は何か、
そのためにはどうするかみたいなことを
グループで話し合いました。

私の自己評価は
「会話」は得意、
「気持ちの伝達」は苦手です。

初対面の人ともそれなりに会話を続けることができますが、
自分の気持ち・感情を相手に伝えることがで来ません。

相手の気持ちを感じることができるので、相手の話したい内容を引き出すことは得意です。
だから会話を続けることはできます。
ただ相手の気持ちを優先してしまうため、自分が思っていることを十分に伝えることができないのです。

相手の依頼が断れません。

また、鬱積したネガティブな感情を誰かに話して発散することができません。
愚痴を言うことが苦手です。うまく愚痴を言えません。
言う相手を見つけられません。

ストレスをためやすい性質です。

そのあたりを改善していくことが再発防止には重要です。

今回話し合ったメンバーも多くが
「気持ちを相手に伝えられない、相手の気分を優先してしまう性質」
の人たちでした。

いわゆるメランコリー親和型の特徴を備えた人です。

いろいろ案を出し合いました。
簡単に改善できるものではないので、
すこしづつ訓練していくしかないです。

で、自己評価が高かった「会話」ですが、
どうやら他人から見ても高いようです。

ちょっと自慢したくなります。

人見知りせず会話を続ける方法を教えてほしいとまで言われました。

有頂天になります。
(私の「会話が上手い」というのも「リワーク内ならば」という条件付きですが)

私は幼いころから20代までは口下手で会話が苦手でした。
30前後、気がついたら初対面の人とも臆すことなく話せるようになってました。

もちろんある程度の技術や心がけはしていましたが、
そのころ何かしら自分の中の性質が変わったのかもしれません。

そのあたりの技術と心がけを、
さも自分が会話の達人かのようにメンバーに語ってみました。
参考になるかどうか・・・

「会話が上手い」というのを自分の一つの長所として
自信につなげていきたいと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

痛恨の遅刻

今日もリワーク通いです。

6月の目標は無遅刻・無欠席を掲げておりました。

通い始めて早5ヶ月目ですが、
これまでは体調不良や家庭の事情やらで毎月2日ぐらい休んでました。

ここのところ、多少の気分の波はあるものの体調は安定飛行なので、
一ヵ月の無遅刻・無欠席にチャレンジしたのです。

患い始めて約9年、会社でも達成したことないと思います。

自分としてはこの目標を達成し自信につなげたいと考えていました。

ところが、昨日、痛恨の遅刻・・・・

朝から強めの雨が降っていて道路が予想以上に渋滞しており、
間に合いませんでした。
10分の遅刻です。

残念。

渋滞の見込みが甘かった。

でもまだ無欠席の目標は残ってます。

今月の稼働日もあと6日。
体調に気を付けて頑張りたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

落ち込んだよ

久しぶりに気分が落ち込みました。

一昨日の木曜日の朝のことです。
妻とケンカしました。

きっかけはくだらない些細なことです。

でもお互い頭に血が上ると、冷静に物事を判断できなくなります。

ウチのケンカの場合、暴力を振るうとか大声を出すとかいうことはなく、
静かに自分の思っていることを伝えます。怒りの感情を抑えながら。

とにかくその時は私が謝り、表面上は終わりにしました。

しかし、心の中ではくすぶっていました。
なぜケンカになってしまったのか、どの部分の対応がまずかったのか
をできるだけ冷静に、第三者の目線で見ることをイメージしながら考えました。
考え、分析することで感情のザワザワを抑えようと努力しました。

でもなかなか抑えるのは難しいものです。

その日もリワークに通い、
プログラムは通常通りこなしました。
リワークにいる間は、朝の出来事を思い出さずにすみました。

ところが、帰路、朝のことが思い出されます。
ふたたび心がザワつきます。ドロッとした怒りの感情がまとわりついてきました。

怒りを思い出すとともに、そんな自分に嫌気がさし、
疲労感が出てきて、すべてが億劫に感じられるようになってきました。
気分は急転直下です。

妻の顔は見たくないけれど、他に行くところもないし、
体はダルいのでとにかく帰宅しました。

帰宅し寝室に引きこもりました。
何もする気が起きないので、ふて寝してしまいました。

夕食を食べるのも億劫なので食べませんでした。
何より妻の顔を見たくない。

朝までふて寝です。途中あまりにも空腹だったので、
冷蔵庫にあったチーズやお菓子をつまみました。

翌日の金曜日もウツウツとした気分が残っていましたが、
取り合えず、リワークへ通いました。

リワークでの活動は普段通りで、
気分の落ち込みが他人に感知されることはなかったと思います。

でも、やはり帰宅すると昨日の木曜と同じ状態です。
寝室に引きこもりです。

気分・感情がうまくコントロールできない自分が嫌になりました。
情けない。こんなことではダメだ。

迎えた今日土曜日、少し気分がほぐれていました。
夕方くらいになると、引きこもるのをやめて少し出かけることができるようになりました。

妻とも顔をみて会話できるようになりました。
ちょっとぎこちない感じはするけれど。

明日はもう少しましな状態になっていることを祈ります。

ここ3日の出来事を通じ、
自分の弱いところが出てきた感じです。
いや、以前からあったが治っていないことがわかりました。

いつまでもウジウジと考える、感情の切り替えが遅い、
苦手なことと向き合わず逃げる、感情に振り回され疲労する。

嫌なことがあったら引きこもるなんて、子供のやることだ。

復職するにあたって大きな課題が露呈した。
出来事にもよるが、その日のうちに感情をフラットに戻したい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

あてにならない記憶

今日もリワークでした。

午後のプログラムは
人の記憶は意外とあてにならないってこと
を確認するプログラムでした。

メンバー全員で写真のスライドを20秒眺めます。
スライドを切った後、その写真の中に何が写っていたか
何が写っていなかったかを話し合い
その後もう一度写真を見て正解を確認する
ということを何度か繰り返しました。

1つの例として、
学校の教室の様子が写された写真を20秒見ます。
写真を見終わった後、次の設問に答えていきます。

先生はいましたか?
地図はありましたか?
かばんはありましたか?
リュックサックはありまましたか?
先生の椅子はありましたか?
黒板はありましたか?
本はありましたか?
帽子はありましたか?
窓はありましたか?

このような記憶クイズを数問やりました。

すべて完璧に答えられる人はいませんでした。

人によって覚えていることはバラバラです。

地図が写っていたことは覚えていても、
かばんが写っていたことは覚えていないとか、
その逆のパターンもあります。

かばんがあった気がする、
地図があったような気がする、
といった曖昧にしか覚えていないこともあります。

教室だから黒板はあるはず・・・
といった思い込みも発生します。

「認知の違い」というものらしいです。

記憶の残り方は人よって異なります。

同じ物事でも記憶に残る人もいれば
残らない人もいる。

同じ出来事を体験してもポジティブにとらえる人もいれば
ネガティブにとらえて記憶する人もいます。

自分に都合よく記憶してしまうこともあります。

言った・言わないの諍いの原因の1つでしょうね。

今回のプログラムの結論的には
自分の記憶を100%信用せず、もしかしたら・・・
という余地を残しましょう、
絶対に○○のはずだといった思い込みには注意しましょう、
といった感じでした。

証拠を残す、証人を作ることが有効らしいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

ラミクタールの味

4種類の薬を服用しています。

リーマス
ラミクタール
リボトリール
メイラックス

ラミクタールとは4年の付き合いになります。
ただ途中1年間ほど服用していない時期があったので、
今のところは2年の継続服用です。

1日100mgです。

薬において通常「味」は重要視されません。

しかしラミクタールは珍しく口当たりの良い薬です。
糖衣ではありません。

ほんのり甘く、うっかりすると口の中でホロホロと溶けてしまいそうです。

何が入っているのでしょう。
薬の主成分が甘いのでしょうか。
かさ増し成分が甘いのでしょうか。

リーマスが全く味のない大粒でゴツい薬であるのに対し、
ラミクタールは甘く優しい感じがします。

ただ、ラミクタールは恐ろしい副作用があるようです。

皮フに来るらしいです、副作用が。

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

私も主治医から、皮膚に異常が出たら即刻服用をやめて病院に来るように言われています。

主治医自身にラミクタールで赤い発疹が出たらしいので、この薬の使用にはかなり慎重です。

どんな薬でもそうですが、主治医の注意はよく聞かなくてはいけません。
副作用で苦しみたくないですからね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

リボトリール歴3年

4種類の薬を毎日服用してます。

リーマス
ラミクタール
リボトリール
メイラックス

4年ぶりぐらいに抗うつ薬のない日々を暮らしています。

リボトリールとはもう3年の付き合いになります。
最初に服用した時の事は今でも忘れません。

当時私は何度目かの休職中で、
休職に入って2か月ほどが経過していたにも関わらず
しつこい不安感に悩まされ、落ち着かない日々を過ごしていました。

そんな相談を主治医にしたところ、処方されたのが
リボトリールでした。

飲み始めて3日目ぐらいに
まるで霧が晴れるかのように不安感がなくなりました。

メイラックスやレキソタンよりもハッキリと実感できました。

ソラナックスやデパスは効果が高いけれど、
依存性が高いらしく毎日多くは服用できず、
私のしつこい不安感を定常的に和らげることができませんでした。

それらに比べ、抗不安作用が比較的高い割りに依存性が高くない
リボトリールとは相性がいいみたいです。

とはいえベンゾジアゼピン系。

減薬していく中でいつかはお別れする日が来るでしょう。
いつかは卒業しなくてはいけません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

ビア缶チキン リベンジ!

ビア缶チキンにチャレンジしました。自宅庭で。
2回目です。
前回は塩コショウが足りず薄味で、
またチキンから出るアブラが燃えるため煤臭く悔いが残る出来でした。

今日はそのあたりの反省を活かしの再チャレンジです。

たっぷり塩とコショウをチキンの表面に擦りつけて
さらに薄くオリーブオイルを塗ってビール缶にセットしました。
さらに今回はローズマリーを仕込みました。
ビア缶チキンbefore

生の丸トリはちょっとグロテスクです。特に首の切り口とか。
チキンは約1kgです。市内のアミカで400円ぐらいです。

ビール缶をすっぽりと覆うように塩コショウたっぷりのチキンをかぶせます。
まるでトリが腰かけているようです。

ビールはサントリーの金麦です。
正確にはビールじゃないです。ビールテイストのリキュール類です。
本物のビールは高いので買えません。

この金麦を半部くらい飲んで
缶の中の液体を半分にしてから使います。

七輪の炭火を利用して焼きます。
七輪は嫁さんの実家の物置から発掘した年代物です。

上から植木鉢をかぶせて蒸し焼きにします。
アルミホイルでアブラが炭火に滴り落ちるのを防ぎましたが、
完全に防ぎきれないためか、結構な量の煙が噴出しました。
ビア缶チキン焼き

ご近所さんから文句が出ないことを祈りつつ
1時間半ほど待ちます。

ビア缶チキンafter
いい色に焼き上がりました。

お味は・・・・

前回よりしっかりした味で美味しいです。

でもちょっと塩からい。
塩コショウ塗りすぎたようです。

前回より少し肉がパサついている気がします。
火加減か塩の作用か、それとも元々のトリの品質か。

なかなか満足のいくものを作るのは難しいです。

前回もそうでしたが、子供たちは大喜びしてくれます。
見た目に迫力があり、特別な感じがするのでしょう。
積極的に手伝ってくれます。
「グロい」と言いながらも表面に丁寧に塩コショウの刷り込みをしてくれます。

チキンは1kgですが、骨があるため可食部分は多くありません。
家族4人で食べきりです。

私は尻尾の部分「ボンジリ」が柔らかくて好きです。

チキンで夕食を済ませた後、
炭火が残っていたので
みんなでマシュマロを焼いてたべました。

自宅に居ながらちょっとキャンプ気分でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合歓の花

合歓の花20160609

家に植えた合歓の木が花を咲かせています。
不思議な形をしています。

名前も不思議。なぜ合歓でネムなの。

細く上に伸びている薄ピンクの部分は花びらでしょか、
先っぽに小さなツブがついているので雄しべでしょうか。

この木は、秋田県の「ねむの丘」で15年くらい前に買った苗が育ったものです。

当時の彼女に秋田土産としてプレゼントしました。
苗は20cmぐらいの大きさで、綺麗な緑色のジェルが入ったカップに植わっていて、
とてもかわいらしかったのです。

・・・あんまり喜んでくれなかったと記憶してます。

それでも彼女は植木鉢に植え替えて育ててくれました。何年も。

プレゼントしてから約8年後、
当時の彼女は私の妻になり、二児の母になり、
家を建てた記念に庭にその合歓を植えました。

合歓の木は今では3mぐらいの高さになって、枝を大きく広げています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

梅雨の始まりは

アジサイ20160609

梅雨です。アジサイも咲き始めました。

ここ最近ちょっと疲れやすいです。

私は季節の変わり目に体調を崩すことが多いです。
寒暖の差に弱いようです。

ここのところ二週間ぐらい、
陽が出れば暑いし、雲が厚くて風が吹けば肌寒く感じます。
また夜の寝始めは暑いけれど、朝方は少し寒く感じます。
湿度が高く不快です。

そのせいでしょうか。

リワーク通って帰宅すると疲れを感じます。

こういうときは無理をしないことです。
睡眠時間を少しだけ多めにとるように心がけます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

訊く 聞く 聴く

今日もリワーク施設に通所しました。

午前のプログラムは
「ロールプレイ」。
月に1回あります。

上司役・部下役などを決めて
ある場面での行動の仕方などを
シミュレーションしたりします。

例えば、
「部下である自分は3日後に有給休暇を取りたい。
上司にどんな言い方をすればよいか。」

とか、

「明後日の会議にある部品の試作品が必要だったが、
試作品を作成するサプライヤーさんから明後日までに作成が間に合わない
という電話を受けた。
明後日の会議どうするのか、上司やサプライヤーさんと落としどころを見つけていく。」

などです。

上司役やサプライヤーさん役もリワークのメンバーがやります。
寸劇です。

でも、今日は趣向が違いました。

「訊く」と 「聞く」と 「聴く」の違いを確認することが今日のテーマでした。
それぞれの会話形式のメリット・デメリットを考えていきました。

ここでいう「訊く」とは、
いわゆる尋問形式です


「名前は?」「年齢は?」「出身地は?」「趣味は?」・・・・
と一方的に尋ね、尋ねられた方は端的に答える形式です。

「聞く」とは、
一方が話し、相手はな何の反応もしない形式です。

今回のプログラムでは相槌すらしないで行いました。

「聴く」とは
一方が話すと同時に相手は相槌をうち、適宜質問し、時には共感を示す
会話の方法です。


すべての形式で、話し手、聞き手、観察者の役割をやってみました。

「訊く」形式は
必要な情報を短時間で得るには良い方法ですが、
尋ねられる方は圧迫感を感じました。

「聞く」形式は、
話し手は相手が聞いているかわからないので不安に感じました。
ただ、遮られることもないので言いたいことだけを話すことができました。
聞き手は話の内容について考える必要が少なくて済みます。

「聴く」形式は
話し手としてはとても気持ちよく話せました。
聞き手も質問ができるので知りたいことを伝えられます。
ただ、適度な相槌を打つ、共感するなど話の内容に対てしてある程度理解する努力が必要です。
時間の経過が早いように感じました。
情報の伝達が一方向でないので、端的に伝達するには向いていないかと思います。

以上が私が感じたメリット・デメリットです。
他のメンバーはまた別の感じ方をしていた様子でした。

私は圧倒的に「聴く」を使うことが多いのです。

聞き手になることが多く、その場合
質問します、共感します、相槌ももちろんします。

その際、話の内容はもちろん、話し手の気持ちを考え、
いかに楽しく、気持ちよく話してもらえるかを考えずにはいられません。
また、沈黙が怖いので何かしら言葉を探します。

プライベートではもちろん、仕事の上でも「聴く」スタイルです。

疲れてしまいます。

今後は、
ケースによって他の形式を使い分けられるようにしていきたいと
思ったのでした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

「認知」と「気分」を分ける

今日もリワークに通いました。

午後のプログラムは集団認知行動療法でした。
GCBTなんて洒落た呼び方があります。
group cognitive behavioral therapyの略らしいです。

私の所属するリワークAクラスでは月に2回ぐらい
このプログラムがあります。

認知行動療法を多人数で実施します。

今日は臨床心理士の先生一人に対し、
メンバーが12人。
4人づつのグループに分かれてディスカッションしながら進めます。

ディスカッションすることで自分とは異なる考え方を知ることができます。

今日は
「考え方」に焦点をあてつつ、「認知」と「気分」を分ける練習をしました。

同じ出来事に対しても、人により「認知(考え)」が異なります。
異なる「認知」を知ることで、自分の認知の特徴あるいは歪みを把握することが目的です。

場合によっては自分を苦しめてきた認知・考え方を
もっと楽に生活ができるように修正していきます。

認知の選択しを増やし、つまりはいろいろな考え方ができるようになることで
問題解決の糸口を増やします。

人は出来事に対し、
出来事→認知→気分
の順で処理し、何らかの感情が発生します。

普段の生活では、認知→気分の流れは意識しないのが普通です。
何か出来事があれば、ほぼ瞬時に感情が沸き起こります。

今日は認知と気分を分けてそれぞれにフォーカスすることで、
沸き起こる感情・気分がどんな認知・考え方に起因しているものなのか
を確認していきます。

不安感・恐怖感・焦燥感・不満・残念感・恥ずかしい・みじめだ・悲しい
などの気分がどんな認識に起因しているかがわかれば
その認識を少し変えることで気分を変えていくことが可能となります。

簡単なことではないので、日々の練習が必要です。

例えば
「友人との待ち合わせ、15分経過したが、友人の姿はなく、連絡もない」
という「出来事」があったとします。

私は、
心配であったり、不安になったり、あるいは怒りがこみあげてきます。少しですが。
これらが「気分」です。
(15分くらい遅刻のうちに入らないので、なんの気分の変化もないという人もいます)

なぜこんな気分になるのか。

1)友人が約束を忘れているかもしれない
2)友人がなんらかのトラブルに巻き込まれているかもしれない
3)自分が時間と場所を間違えているかもしれない
4)友人の気まぐれでドタキャンかもしれない
5)何らかの都合で遅れているがもう少しで到着する

自分の気持ちを整理すると、上記のような「認知」から発生していることが思い当たります。

これらの認知は通常同時に発生し、
人によってどの認知が強いのかは異なります。

もし1)2)のみしか認知できなければ、
心配が強く出るでしょう。

もし3)を強く認知していれば、
不安が強くでるでしょう。
もしかしたら焦燥感も出るかもしれません。

もし4)のみしか認知できなければ、
気分は怒りで満たされるのではないでしょうか。

もし5)だけならば、心配も不安も怒りも感じないでしょう。

どの認知が正解というわけではありません。
バランスが大切です。
いろいろ考え方ができるれば生きやすくなると思います。
時には気分をコントロールするために、いづれかの認知を意識的に強くすることが出来れば便利です。

1)2)3)4)だけでは、精神的に消耗が激しいし、
5)だけだと、もし問題が発生していた時に対応できません。

と、こんな例題をいくつか考えながら、
4人グループで意見交換しディスカッションしながら、
他人の認知の仕方を確認し、自分の考え方のクセを知ります。

場合によっては他人の認知の仕方を自分の中に取り入れていきます。


今日は長文になりました。
書きながら頭の整理をしてました。

認知を変えていくのは簡単ではなさそうです。
クセを知り、少しづつ疲れない考え方に変えていきたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

プロギア

万年筆の話です。

大切に使っているもう1本は
セーラー万年筆のプロフェッショナルギアです。
略してプロギア。
プロギア筆先

銀色のペン先で、
プラチナのセンチュリーより模様が凝っています。
中字です。
プロギア

銀色以外にも色があるらしく、
お店で見たピンクゴールドも素敵でした。

中字なので小さな文字は書けません。
罫線は10mm以上欲しいところです。

私は小さな字を書くことの多いので、
細字に比べると使用頻度は低くなります。

プラチナのセンチュリー(細字)と比べると、
なんだかフワッとした書き心地です。
やわらかくてスラスラっと書けます。
柔らかいけれどインクの出かたはほどほどなので、
エッジの聞いた文字が書けます。

インクはパイロットの色彩雫「月夜」を入れて使ってます。

深く沈んだ青色です。
夜の感じが出ています。寝待月の夜ぐらいでしょうか。
お気に入りの色です。

万年筆の世界はなかなか奥が深いです。
お金に余裕があればドイツやイタリアの万年筆も使ってみたいところです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

3776センチュリー

万年筆を愛用してます。

お気に入りの中の1本は
プラチナの3776センチュリーです。
3776センチュリー

細字です。
インクはプラチナMixFreeのオーロラブルーを入れています。
センチュリー筆先

6mm罫線のノートに書くにはちょうど良い太さです。

4年ほど愛用してます。
使い始めに比べて、サリサリとした感じの書き心地になりました。
適度な摩擦抵抗があり、いい感じです。

実はセンチュリーをもう1本持っているのですが、
会社のデスクに入れっぱなしです。
休職前に持って帰ってこればよかったと思うのですが、
その時期にそんな余裕はなかったです。心理的に。
そこまで気が回らないというか、頭が回らないというか。

そちらはペン軸が黒ではなく、
「シャルトルブルー」という商品名の
透明な青ペン軸です。

透明とは言ってもスケスケではなく、
明るく照らしてやっとわかるくらいの透明感です。
澄んでいて落ち着いた青色です。

万年筆で字を書くと
少しだけ上手くなったような錯覚に陥ります。
体感で2割増しぐらいでしょうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

性格検査

今日もリワークに通いました。

午後からテストを受けました。

ロールシャッハテスト(Rorschach test)です。
認識の傾向がわかるらしいです。

先週受けたWAISの結果と合わせれば、
仕事への適正具合や自分に向いている仕事などの参考になると期待してます。

WAIS同様、臨床心理士さんとマンツーマンです。

絵具のシミのような模様が印刷されているパネルを見て
「これは何に見えますか?」って聞かれるテストです。

紙の上に適当に絵具を垂らして、半分に折った後
紙を広げた時の模様にしか見えません。
が、それではテストにならないので、
想像を膨らませ何かしら答えていきます。

動物だったり、虫だったり、人だったり。

2時間弱かかりました。

先週のWAISより疲れた感じがします。
WAISはやることやルールがハッキリしているのに対し、
ロールシャッハは回答の自由度が高すぎて戸惑います。

自分の想像・妄想を説明するのは頭の中を覗かれるようで
恥ずかしいです。
頭の中を調べるテストなので仕方ないですが。

結果が楽しみです。

ロールシャッハってなんだか強そうな響きです。
特に「シャッハ」の部分。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

今月もリワークがんばります

いつの間にか6月です。
リワーク施設に通い始めて、4ヵ月が経過してしまいました。

ベーシックスラスに約1ヵ月、リワークAクラスに3ヵ月の合計4ヵ月です。

居心地がいいです。
話し相手がいるというのは楽しいものです。

休職してしばらくは会話するのがしんどかったのですが、
最近はよくしゃべります。
しゃべれるようになりました。

リワーク施設にきて一番うれしかったのは、
病気について似たような悩みを持つ人たちと話ができることでした。

病院の待合室に同じ病気の人はたくさんいると思うのですが、
話しかけられません。

家族は頼りになるのですが、病気の苦しみを共感することは難しいです。
会社の人たちは言わずもがなです。

これまで辛くて言えなかったこと、言いづらかったことが、
リワーク施設では笑いながら話せるようになります。

「辛いよねー、そういう時(笑)」「そうそう(笑)」みたいな感じです。

病気を患ってもう9年ぐらいになりますが、
今がもっとも心が軽い状態かも。

そろそろ仕事してみようかなって気になってきてます。
「自然なやる気」というか「気張っていないやる気」みたいな
ものを感じつつあります。

仕事している人から見れば甘えているようにしか見えないのでしょうが・・。

これまで何度も休職して復職してきましたが、
「仕事しなきゃ」とか「早く職場にもどらないと取り残される」みたいな気持ちが少しあって
どうしても復職を焦りがちでした。
結果、失敗を繰り返してきました。
回復が不十分だった上、再発防止が出来ていなかったと
今では思います。

今回の休職で初めてリワークを利用しましたが、
これまでとはやる気の出かたが違います。うまく表現できませんが。

臨床心理士のスタッフさんからは
「明日からでも仕事OK!」
な気持ちになったら復職時期と言われています。

自分はもう少しかな。
まだちょっと自信が足りないかな。
再発防止策をもっとしっかり立てとかないとね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

プロフィール

ティベリウス

Author:ティベリウス
心を病魔に侵されたおじさんのブログです。
ちょっとこじらせてます。

2015年秋から休職。
2016年2月頃から復職に向けたリワークを開始しました。

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。