スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の落とし物

この季節になると、お隣のお宅の木からうちの庭に緑色の細長いモノが大量に落ちてきます。
こぶし?

一体これは何でしょう。

お隣のお宅にある木は3~4mぐらいの髙さで、5月に白い大きな花を咲かせます。
葉のない状態で咲くので、木全体が白く見えます。
とても綺麗です。
こぶしの花だと思うのですが、確証はありません。

で、5月末から6月にかけて、その木から緑色の細長い何かがうちの庭に降ってきます。
長さは5cmぐらいでしょうか。

種なのか、実なのか。
割って中身を見ても、種らしきものは入っていないです。

天気の良い日は一日で黒くしぼんでしまいます。
大きさはは半分以下になります。
水分が抜けて干からびた感じです。

これはいったい何でしょう。
毎年疑問に思うのですが、その疑問は毎年放置したままです。
スポンサーサイト

サドルのメンテナンスしたよ

BROOKSのSWIFTを愛用してます。

使用し始めて1か月半ぐらいで、
おおよそ400kmぐらい乗ったところです。
少しシワが出てきています。

SWIFT_20160530


革サドルは使い込むほどフィットしていくらしいです。
ただし、クッション材など使っていないのでガッチガチに硬く、
フィットするまでは尻や股間に厳しいです。

また、オイルを塗るなどのメンテが必要で、
水に弱いため雨に注意が必要です。

よく「育てていくサドル」などと表現されています。

今週末はオイルメンテをしました。
オイルは専用のオイルを使います。

Proofide Oil

サドルの説明書によれば
「新しいレザーサドルは、当社オリジナルのサドルオイルProofideを用いて慣らしの過程を進めてください。Proofideは自然成分を用いて特別に調合されておりますので、サドルの調整、保護に適しており、また雨からもサドルを守り、革をしなやかに保ちます。」

「慣らしの期間であれば頻繁にProofideをお使いいただき、その後は3~6ヵ月毎でかまいません。サドルのお手入れの際には、Proofide以外のものをお使いにならないようお願いいたします。」
と書いてあります。

「自然成分」とは何かわかりませんが、独特のにおいがします。
松ヤニのようなスッキリ系の香りで、私は好きです。

「頻繁に」の程度はどのくらいでしょうか。
塗りすぎて革が伸びすぎても困ります。
過剰塗りでそんなことになるのどうかかもわかりませんが。

とりあえず私は2週間に1回くらいの頻度で塗ってます。
走行距離だと100km毎ぐらいでしょうか。

いつも指で塗りつけています。
オイルはやわらかくて少量で良く伸びます。

塗った直後はサドルがベトベトになりますが、
しばらくするとオイルが乾いていきます。
粉をふいたような感じになります。
口からこぼれた歯磨き粉が乾燥した後のような感じです。

この後ふき取りが必要なのですが、
どのタイミングが良いの知らないのです。

塗ったすぐ後が良いのか、
しばらくなじませた後が良いのか。
なじませるならどの程度が良いのか。

私は一晩おくことにしてます。
一晩おくと表面に残ったオイルが十分に乾燥し、
乾布でふき取り易いからです。

一晩おくとうっすらカビが生えたように革のツヤがなくなります。
オイル塗り後

その後乾いた布でツヤが出るまでよく磨きます。
磨き後

磨きはすぐに終わります。
5分もかからないくらい。

今回もいつものように磨いたのですが、
問題が発生しました。

なんと背面の「BROOKS」と表示しているエンブレムプレートの黒い部分、
文字の背景の黒色がハゲました。

あれれ?なんで?
簡単にめくれちゃう塗装なの?
原因は紫外線?
水には当ててないし、たいした熱もかかってないはず。
オイルが悪さした?

まぁ仕方ない。
なんとなくUsed感が出てきたんじゃない
と思うことにしました。
(まだガッチガチに硬いのに)


WAISを受けてみたよ

いつも通っているリワーク施設でワイズって言うテストを受けました。

アルファベットで書くとWAIS-III
Wechsler Adult Intelligence Scale
の略らしいです。
「III」は第三版って意味でしょうか?

個室で臨床心理士さんとマンツーマンで試験を進めました。
おおよそ2時間半ぐらいかかりました。

内容は日本語の単語の意味を答えたり、
簡単な算数の試験をしたり、
絵を見て間違いを見つけたり、
ブロックを見本と同じ模様にしてみたりと
結構盛りだくさんな試験でした。

作業処理能力や言語能力などがわかると説明を受けました。
詳しくは結果が出たときに聞きます。

私の通っているリワーク施設において、
WAISの受験は必須ではないらしいです。
受けない人も多いようです。

私は自ら志願しました。

復職した後、再発を防止するためには
自分のことを詳しく知っておくことが重要です。

自分のモノの見方であったり、
考え方の傾向であったり、
何が好きで何が嫌いなのか、
何が得意で何が苦手なのか
とかです。

自分の特性を知るための一つの方法として、
有効かなって思ったのです。

試験の存在は他のメンバーさんから偶然聞くことができました。
そんな試験があるなら自分も受けてみようと思って
スタッフさんに申し出ました。

スタッフさんも機会を見計らって受けさせるつもりだったようです。
つまり志願しなくても受けることにはなっていたみたいです。

機会を見計らうというのは、
私の体調や集中力の持続などがある程度回復した状態を待っていたということです。

回復していない状態で試験をしても、
脳がしっかり機能していないので
復職する状態の能力から大きくかけ離れた結果しか出ません。

復職した後の対策を考える材料としては不適切です。

それに回復前にこの試験はしんどいです。
かなり脳ミソを使います。疲れます。

来週はまた別の試験を実施すると予告がありました。
今度は心理面を見ていくらしいです。

どんな試験なのかちょっと楽しみです。

SSTで「伝える」練習

今日のリワーク、午後のプログラムはSSTでした。

SSTとは、
Social
Skills
Training
の略です。

直訳すれば、社会的技能訓練でしょうか。

私が通っているリワークでは、
復職した後を想定したコミュニケーション技術を練習します。

精神疾患で休職する人の中には
もともとコミュニケーションが苦手な人が多いです。

自分の気持ちが伝えられない、
依頼ごとを断れない、
人にお願いできない、
質問がうまくできない
などです。

今日のSSTのテーマは
「伝える・応える」でした。

一方向よりも双方向で意思を伝えたほうが情報伝達の精度があがる、
ということを体験するプログラムでした。

言い換えると、情報を伝える側が一方的に話をするよりも、
応える側(聞く側)からの反応、例えば質問なり相槌なりがあったほうが
上手く意思疎通ができるよね、ってことを確認しました。

今日はそれをゲーム形式で体験しました。

まず、「伝える側」と「応える側」に分かれます。

伝える側はある絵を手にし、
その絵がどんな絵なのかを応える側に伝えて
同じ絵を描いてもらいます。

もちろん伝える側が持っている絵は応える側が見ることはできません。
伝える側の口頭説明で描いてもらいます。

最初は伝える側が一方的に話し、応える側は一切質問しないし、
応える側が書いている絵は伝える側が見ることができない
というルールで進めました。
これが一方向の情報伝達になります。

次はルールを変えて行います。
応える側から質問しながら、
応える側が描いている絵を伝える側も見ながら絵を描く作業を進めます。
これは双方向コミュニケーションに相当します。

どちらの方法で描いた絵が正解に近いか。
当然後者の双方向の方になります。
これを実際に体感しました。

伝えることがいかに難しいか、相手の反応がなければなおさらです。
伝わっているのかわからないのに独善で話を進める心細さを味わいました。

応える側も自分が理解できなかった部分、聞き取れなかった部分、
曖昧にしかくみ取れなかった部分を放置して説明がすすめられたときのモヤモヤ感、取り残され感は
ストレスになります。
出来上がった絵も残念なものになります。

これを上司から部下に指示を与えるケースにあてはめると、
上司が一方的にしゃべって部下は「はい・・、はい・・」とうなずくだけの場合と
指示に対して部下がわからないところを質問しながら指示内容を双方で確認する場合の
比較になります。

前者は一方向、後者が双方向です。

伝達精度が高いのは後者です。(ただし時間はかかりますが)
後者ならば部下は明確な成果物をイメージして仕事にとりかかれそうです。

今日のプログラムは特にゲーム感の強い内容でした。
楽しかったです。

物事を正確に他人に伝えるのは疲れます。
疲れるので避けてしまいがちになるためか、
仕事で忙しそうな人は一方的に説明して去っていく人が多いように感じます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

ひたすらじっくり考えてみました

リワークの今日のプログラムは「ひたすらじっくり考えよう」でした。

名前の通り、お題に対してじっくり考えていき、自分の内面を見つめます。

午前は各個人で考え、書き出していきます。
午後は考えた内容についてのディスカッションです。
ディスカッションは4人程度の小グループで行いました。

今日のお題は
・仕事に対しての信念
・人生についての信念
の2つ。


曖昧でどこから手を付けていいのかわからないお題です。

自分の中で芯となるもの、軸となるもの、ベースとなるもの、大切にしていること
などと言い換えて考えても可、とのことでした。

でも、やっぱりモヤモヤして答えがなかなか出てきませんでした。

「信念」なんてこれまで意識したことがないのです。

このプログラムは明確な回答を出すことだけが目的ではないとのこと。
じっくり考えて自分の内面を見つめ、
何がモヤモヤしているのか、
なぜモヤモヤしているのか、
なぜ回答が頭に浮かばないのか、
あるいは思いついた回答に注目し、なぜそう思うのか、をくりかえすことが
大切なようです。

また、それら考えた事柄をディスカッションすることで、
自分の考えていたことがよりクリアになったり、
モヤモヤしていたことが言語化できたりします。

また他人の意見や考え方を聞き、
共感や違和感を感じたりすることで
自分の中にあっても意識に浮かんでこなかった事柄を
考察のまな板に載せることができたりもします。

このプログラム、月に1回ありますが、毎回スッキリしません。
ある程度のところまでは考えを深められますが、
モヤモヤが残ります。

「このプログラムが終わったらそれ以上考えない」という
ルールがあります。

理由をはっきりと聞いたことはありませんが、
このルールは重要だと思います。

自分内面を深く見つめると、
見たくない部分や思い出したくない事柄に
心が奪われることがあります。
頭から離れなくなります。

特に精神病を患っているときは
悪い方に考えがちで、
思考の切り替えがうまくできません。

下手をすると落ち込みます。ヘコみます。
自分の存在価値を見失うこともあります。
生きている価値を疑うこともあります。

私は、先月ひどく落ち込みました。

今回はモヤモヤがの残ったものの、
落ち込みはありません。
それだけ思考の切り替えが上手くなったのかもしれません。

「ひたすらじっくり考えよう」はとても疲れます。
スッキリしません。

でも「自分を知る」という意味においては
とても有効なプログラムだと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

ワールドカフェ開催

私が通っているリワーク(デイサービス)施設のクラスは3つあります。
それぞれ目的が違うのでプログラムも異なります。

一つが私のいるリワークAクラス。
これはオフィスでの業務へ復職する人のクラス。

もう一つがリワークBクラス。
これは工場のラインなどの作業現場へ復職する人のクラス。

3つ目はベーシッククラス。
目的は復職ではなく、
日常生活を送るための基本的な能力を身につけるためのクラス。
仕事に就いていない人たちが所属しています。
復職のために通い始めた人も最初はこのベーシッククラスから
施設に慣れて、その後AもしくはBクラスに移ります。

私は4週間ベーシックに滞在し、
その後Aクラスに移りました。

移るタイミングは精神面や体力の回復次第。
2週間で移る人もいれば数か月かかる人もいます。
各個人の回復状況に合わせます。

基本的には各クラスでそれぞれの目的にあったプログラムを実施していきますが、
合同で実施するプログラムも一部あります。

その一つが運動プログラムで、
これは近所の体育館を借りて
バドミントンやソフトバレー、卓球など
すべてのクラスの人が合同で楽しみます。
(各個人の体調が最優先なので強制ではないです)
おおよそ月に1回あります。

もう一つが今日実施されたAB合同プログラムです。
どうやら1年ぶりの開催らしいです。

「AクラスとBクラスの親睦」が一つの目的と説明を受けました。
職場に戻った際、
事務系の人が苦手とか、
逆に現場の人たちと話ができないなどの
問題を防止するためらしいです。

で、今日の内容は
「ワールドカフェ」というものでした。

名前からはさっぱり内容がわかりませんでした。

5,6人ずつの班に分かれ、出されるお題に関して思いつことを
A1サイズくらいの大きな紙に書きだしていくといった作業です。
今日は3班作りました。

班はもAの人とBの人ごちゃ混ぜです。
書き出すことは班のなかで話し合いながら、
どんどん書いていきます。

「あるよね、そういうこと」とか
「そんな考え方もあるのかぁ」
「自分もそう感じてた」
「自分はこう考えるけどなぁ」
などと気軽に話しながら、言葉をリンクさせながら
ドンドン書いていきます。

書き方や話し合い方は自由。リーダーも作りません。
ただし他人をけなしたり、陥れることはNGです。
頭から否定することもNGです。とりあえず、聞きます。

ある程度書けた時点で一人のメンバーを残して、
他の班へ移動します。

残った一人は他の班から移ってきた人たちに
これまで書いた内容を簡単に説明します。
その後移って来た人たちとさらに話し合い、
どんどん紙を埋めていきます。

班移動を2回繰り返したあと、
元の班に戻ります。

結果、最初に自分たちが書いた紙にいろんな人の
いろんな意見が残されています。

精神的な病の再発防止には、
モノの捉え方、いわゆる「認知」を見直すことが重要と言われています。
出来事に対しネガティブな捉え方ばかりしていると
精神的にくたびれてしまします。

「認知」は柔軟さが必要です。

今回のプログラムではいろいろな人の
いろいろな意見・考え方を知ることができ
捉え方のバリエーションが広がった気がします。

ちなみに今日のお題は2つ。
2回戦やりました。

1回線目は「リワークにきて変わったこと」
2回戦目は「やる気」
でした。

2回戦目は漠然としていて答えにくいお題でしたが、
1回戦目で慣れたためか、意外にも活発な意見交換ができました。

今日参加したメンバーは20代から50代まで、
職種もいろいろ、とうぜんこれまで経験してきたことも違うので
幅の広い意見を知ることができました。

楽しいプログラムでした。
でもやっぱり「ワールドカフェ」の意味は分からず仕舞いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

たこ焼き作ったよ

リワーク午前のプログラムは買い物・調理でした。

お題は「たこ焼き」。
先週にメンバーの多数決で決めたメニューです。

材料はリーダー+αとスタッフで買いに行ってきます。

今日のメンバーは6人でした。
男ばかりの少数精鋭です。

先月は15人以上いたのに、
ここ最近は卒業する人が立て続けにいて
人数が減ってます。
さらに今日は会社や家庭に用事があって欠席した人も数人。

リーダーの指揮のもと、
キャベツやタコなどを切る人、
粉を混ぜて生地を作る人、
その他タコ焼き器のセッティングをする人など
手分けして作業を進めます。

みんないい大人なので自分の役割を理解し
テキパキと進めます。

でもこれができるは「当たり前のこと」ではありません。
抑うつ状態のひどいときは不可能でした。

やる気が湧かないのはもちろんのこと、
作業工程が理解できない、頭に入らない、
コミュニケーションが困難なので協力作業ができない、
集中力が持続できないのでおざなりな作業になる、
安全配慮ができなくなるので包丁や熱源でケガをする、
など
クリアしなければならない課題はいろいろあります。

特にリーダーは全体を見渡し、メンバーに指示して、
時間内に作業を終わらせなくてはならないので、
なかなか大変です。

今日のメンバーは症状はかなり回復している人ばかりなので、
事情を知らない人からは、
ただの男だらけのたこ焼きパーティーに見えたのでは。

たこ焼き器はリワーク施設のモノを借ります。
ただ今回は130個ほども作るので時間がかかりました。

出来上がったたこ焼きはお昼のお弁当の時間にいただきました。

かなり美味しかったです。
調理した料理は毎回スタッフのみなさんにも
召し上がってもらいますが好評でした。
多分にお世辞も入っているかとは思いますが。

楽しいたこ焼きパーティーでした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

ミニトマトの花が咲いたよ

トマトの花


今年はミニトマトを2株育てます。
「ぺぺ」と「千果」っていう品種です。

GWに苗買って植えたら花が咲き始めました。
ぺぺのほうです。

トマトの花の黄色って緑に映えるよね。

早く食べたいなぁ。
甘いといいなぁ。

サウナでスッキリしてきたよ

髪を切るついでに銭湯に入ってきました。

近所のスーパー銭湯は床屋が併設されてます。
カットだけなら1050円。
洗髪や顔ぞりはその後すぐに風呂で自分でできるので、
カットだけで十分です。

カット&風呂で1600円。
散髪してもらって大きな風呂にも入って
この値段なら安いよね。

毎月いってます。

で、銭湯に行けば必ずサウナに入ります。
サウナ大好き。
正確にはサウナの後の水風呂が大好き。

限界と思えるまでサウナで汗を流して、
水風呂で一気に冷却します。
(マナーとして汗を流してから入水するけどね。)

水風呂でも限界まで体を冷やします。
火照った体を冷ます程度ではなく、
手足がかじかみ、肺が冷えて自分の呼気が涼しく感じるまで入ります。
大体5分くらいかな。
少し頭がクラクラしてきます。

すると不思議なことに気分が良くなります。
前向きな気持ちになり、やる気が湧いてきます。

なんとなくウツウツとして気分が晴れない時や
やる気の出てこない時には
とても効果があります。

ただしやりすぎると疲労のためか体がダルくなるので
注意が必要です。

お金さえあれば毎日入りたいよ。

あぁ今日も贅沢したなぁ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

一蘭のラーメン食べたよ

久しぶりに「一蘭」でラーメン食べました。
美味しいとんこつラーメンです。

いつも麺は「かため」です。
あとは「基本」。

くさみがないのに旨みはキッチリで出ていて、
脂っこくないのにしっかりとした手ごたえのあるスープです。

ラーメンという庶民派に属していながら、
気品を感じる味わいです。

今日は贅沢したなぁ。

お店の看板に「天然とんこつ」って書いてあったけど、
どんなとんこつなんだろう?
天然ではない「人工とんこつ」ってのもあるのかな。

今日もリワーク行ってきたよ

午後のリワークプログラムは
ピアカウンセリング
でした。

ピアカウンセリング、略してピアカンの今日のお題は
・今までで一番印象に残っている旅行は?
・最近買ったお気に入りのものは?

の2本でした。

今日のメンバーは11人。司会役は新進気鋭の若手MYさん。

司会役の一番の仕事は時間管理。
限られた時間内でメンバー全員にお題について語ってもらわなくてはいけないので、
結構大変。

おおよそ一人1つのお題につき3~5分くらい。
質問が飛び交うのでなかなか時間内には収まらないです。

そんな中司会のMYさんはうまく捌いてくれました。
なかなか器用です。
正直なところ、なんでリワークに通ってるのかわからないくらい
元気です。受け答えのスピードと機転に切れがあります。

ピアカンってコミュニケーションスキルのアップが目的らしいけど、
雑談に近い感じ。雑談力が上がります。
話し手はたいしたネタでなくても、それなりの言葉をつなぎ合わせて話としてまとめます。
お題について該当するネタが思いつかない時には、多少ズレを強引にマッチさせてきます。

聞き手も興味があろうがなかろうが会話を継続するために質問します。
メンバーが10人を超えてれば誰かしらの琴線に触れて盛り上がります。

会社勤めが普通にできている人からはなかなか想像しづらいかもしれないけれど、
抑うつ状態になると会話ができなくなります。
会話が苦痛になります。たとえ自分の好きな内容であってもダメです。
外からのアウトプットが処理できず、さらに言葉を繋いでまとめることができなるので
口から文章が出てきません。
そんな状態なので相手の話に対して質問することも困難です。

しばらくそんな状態が続くと会話がする能力が落ちていきます。

私も数か月前はそんな状態でした。

たかが雑談、されど雑談です。
職場でも家庭でもたいした内容でない会話が人間関係の円滑化に
役立っています。
職場復帰するにあたり雑談を含めた会話能力は必要不可欠ですよね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

プロフィール

ティベリウス

Author:ティベリウス
心を病魔に侵されたおじさんのブログです。
ちょっとこじらせてます。

2015年秋から休職。
2016年2月頃から復職に向けたリワークを開始しました。

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。