スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復職して一週間

一年の休職を経て復職し、一週間がたちました。

初日は緊張しました。予想通りです。

上の人たちや、職場の人たちに挨拶して回りました。
迷惑をかけて申し訳ないという謝罪と、
これからまたお世話になりますというお願いです。

PCやメーラーのパスワードを忘れてしまったので、
情報端末を管理している部署に連絡して再設定しました。

グチャグチャになったままの引き出しの中を整理しました。

これからの仕事の内容についての説明をもらいました。

職場のメンバーの顔触れはほとんど同じですが一年経っているので、
ほとんどの業務は当然進行していて、業務状況は変化しています。

まさに「浦島太郎状態」です。

元の職場に戻ったのですが、アウェー感に気おされそうになりました。

初日は仕事らしい仕事はせず、緊張しただけで終ってしまいました。

二日目も緊張したままでしたが、少しずつ仕事を始めました。

三日目以降は少し緊張が解けたためか疲労感が出ました。

ほぼ予想どおりの体調の推移です。

まだまだ細心の注意は必要ですが、ソフトランディング出来そうです。
スポンサーサイト

朝食に注意

朝ごはんがたくさん食べられません。

ヨーグルト 100gぐらい
ゆで卵 1コ
フルーツ 少々

がいつものメニューです。

以前であれば、これに
パン 六枚切り切り1~2枚が加わっていたのですが、
今は食べていません。

食欲がないわけではないのです。
食が細いわけでもなく、どちらかといえばよく食べる方でした。

でも今は朝食を控えめにしています。

しっかり朝食を食べると動悸が起こるからです。

なぜかはわかりません。

昼食や夕食をしっかり食べても大丈夫ですが、
朝食はダメです。

以前読んだ本に、
炭水化物による血糖値の上下が
気分の波につながる
と書いてありました。

本当かどうかわかりませんが、
取り合えず炭水化物を控えるようにしまた。
(フルーツにも糖分は含まれていますが・・・)

とりあえず悩みの種だった朝の動悸は落ち着いてます。

とはいえやっぱり朝は苦手なんですけどね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

イベントコントロール

睡眠リズム表と言うものにほぼ毎日記録をし続けています。
もう8年目です。

何時に寝て何時に起きたか、
中途覚醒や早朝覚醒、入眠障害が記録できるようになっています。
また、その日の気分を5段階評価で記入していきます。
さらに、その日にあったことをごく簡潔に記入する欄もあります。

最初に休職したとき、記入するように会社から指導されました。
自分の健康の管理のためと、会社側へも健康の推移がわかるようにするためです。

永久に記録し続ける必要はないのですが、
私の場合、復職してもだいたい1年以内に再休職という
冴えない会社生活を送ったため、
図らずも8年間続けて記録が残っています。

また、リワーク施設でも記録するように指導されています。

ただ、うつ状態のどん底のときは書ける状態ではなかったので一部記録が抜けています。
数週間の抜けといったところです。

その日の「気分」は2、1、0、-1、-2の五段階で、
数値が大きいほど良い状態、低いほど悪い状態です。

その数値をエクセルで表にしてみました。
横軸が時間(日)、縦軸は「気分」の数値です。

大体次のような経過をたどり再休職に至っていることがわかりました。

①休職期間の後期から復職後数か月はほぼ「0」で「普通の気分」です。
時々「-1」があります。

これぐらいの気分の落ち込みはどんな人でもあるかと思います。

②やがて-1の日が多くなっていき、時々-2の日が現れてきます。
-2の日は会社を休んでいることが多いです。

-2の状態は不安感、焦燥感、無気力感が強く表れていて、
動悸を伴っています。
不安な中で気持ちは焦っているけれど起き上がれない状態です。

③しばらく0と-1と-2が混在する状態がづづいて、
やがて-2が頻発する状況になります。
平均で週1~2回程度。

そんな中でも0の日はあります。

このあたりになると次の日に会社に行けるのか
自分でもわかりません。
朝起きてみないとわかりません。

激しい波にもまれて自分を見失っています。

④自分を見失い、周りに迷惑をかけ続け自責し、
会社を休んだ分の仕事は出社した日に処理しないといけないので
動かない身体と頭を無理やりフル回転させます。

心身ともに疲弊していき、やがて-2の日ばかりになり
休職せざるを得なくなります。

これら①~④の推移はなんとなく自覚していて、
表にすることでハッキリと見て取ることができるようになりました。

ここでさらに「いつ、どんなことをしていたか」をグラフに記入してみました。
つまりどんなイベント(仕事面、私生活面)があったかを気分グラフに載せてみました。

①も②もほぼ同じペースでイベントがありました。
さらに③の状態でも健康な状態である①と同じくらい私生活で何かと活動していました。
③は相当疲労している状態のはずですが①と同じペースです。

③は気分の上下が激しく、下にいるときは動けないけれど
そんな中にも「普通」の日がある状態です。

気候でいえば、梅雨で雨の日ばかりでほぼ一日中雲が出ているけれど、
たまに晴れの日もある、みたいな感じです。

晴れれば外に出て活動したくなります。貴重な晴れ間です。

そんな感じで気分が上昇すれば、
うつ状態で出来なかった仕事やら家族サービス、あるいは
自分の楽しみをし始めてしまってました。
イベントを入れ込んでました。

当時は気分転換のつもりでしたが、
今グラフを見返してみると、体調の回復の隙を与えないほど
活動していました。

全くイベントコントロールができていなかったのです。

これでは疲労が蓄積してしまい、
③から④へ転落してしまうのが当たり前な気がします。

自分としてはまぁまぁイベントコントロールをしていて、
休まなければいけない時にはちゃんと休んでいたつもりでした。

ところが過去の記録を俯瞰して見てみると、
できていませんでした。

ショックです。

反省です。

しているようでできていなかったイベントコントロール、
次の復職を果たしたあかつきには
もっとしっかり実践したいと思います。

一時的な「普通」状態に浮かれて
自分の健康状態を見誤り、
さらに疲労してしまうような活動はしないように気を付けます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

産業医面談

今日はいつものリワーク施設に通った後、
会社で産業医と面談しました。

復職に向けて会社と調整をしています。

先月下旬の面談に続き2回目です。

前回は最近の体調と復職の意思の確認がメインでしたが、
今回はリワークに通ったことで何が変わったのか、
再休職しないためにどんな工夫をするのかなど
ちょっと踏み込んだ内容の面談でした。

私の場合、過去に複数回休職をしているので
産業医としては復職をホイホイと簡単に承認するわけにはいかないのでしょう。

今回の休職で初めてリワークを利用したのですが、
その効果を私なりの解釈で説明しました。

うちの会社の産業医にとってはリワークの効果など知っているはずですが、
私がしっかりと理解していて、リワークで学んだことを実践できるのかが
聞きたかったのだと思います。

結果、合格点だったようです。
産業医としては復職可との判断です。

あとは職場との調整です。


長期に、しかも何度も休職しているので、
職場には相当迷惑をかけています。

私に対して悪い感情を持っている人もいると思います。
今まではとりあえずは面と向かって非難されたことはありませんが・・・。

特に上司は私の扱いに困っていることでしょう。
申し訳ないことです。

今後は、会社から私にやってほしい仕事と
私のできること・できないことの調整が必要です。

私の状態はかなり回復したものの、
元の状態に戻ったわけではありません。
元の状態に戻るにはまだ時間が必要です。
また、実際に仕事して慣らしていかないと元には戻りません。

そのあたりを理解していただく必要があります。
全くもって申し訳ないことです。

まぁ、とりあえずは産業医はクリアです。
一歩前進しました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

落ち込んだよ

久しぶりに気分が落ち込みました。

一昨日の木曜日の朝のことです。
妻とケンカしました。

きっかけはくだらない些細なことです。

でもお互い頭に血が上ると、冷静に物事を判断できなくなります。

ウチのケンカの場合、暴力を振るうとか大声を出すとかいうことはなく、
静かに自分の思っていることを伝えます。怒りの感情を抑えながら。

とにかくその時は私が謝り、表面上は終わりにしました。

しかし、心の中ではくすぶっていました。
なぜケンカになってしまったのか、どの部分の対応がまずかったのか
をできるだけ冷静に、第三者の目線で見ることをイメージしながら考えました。
考え、分析することで感情のザワザワを抑えようと努力しました。

でもなかなか抑えるのは難しいものです。

その日もリワークに通い、
プログラムは通常通りこなしました。
リワークにいる間は、朝の出来事を思い出さずにすみました。

ところが、帰路、朝のことが思い出されます。
ふたたび心がザワつきます。ドロッとした怒りの感情がまとわりついてきました。

怒りを思い出すとともに、そんな自分に嫌気がさし、
疲労感が出てきて、すべてが億劫に感じられるようになってきました。
気分は急転直下です。

妻の顔は見たくないけれど、他に行くところもないし、
体はダルいのでとにかく帰宅しました。

帰宅し寝室に引きこもりました。
何もする気が起きないので、ふて寝してしまいました。

夕食を食べるのも億劫なので食べませんでした。
何より妻の顔を見たくない。

朝までふて寝です。途中あまりにも空腹だったので、
冷蔵庫にあったチーズやお菓子をつまみました。

翌日の金曜日もウツウツとした気分が残っていましたが、
取り合えず、リワークへ通いました。

リワークでの活動は普段通りで、
気分の落ち込みが他人に感知されることはなかったと思います。

でも、やはり帰宅すると昨日の木曜と同じ状態です。
寝室に引きこもりです。

気分・感情がうまくコントロールできない自分が嫌になりました。
情けない。こんなことではダメだ。

迎えた今日土曜日、少し気分がほぐれていました。
夕方くらいになると、引きこもるのをやめて少し出かけることができるようになりました。

妻とも顔をみて会話できるようになりました。
ちょっとぎこちない感じはするけれど。

明日はもう少しましな状態になっていることを祈ります。

ここ3日の出来事を通じ、
自分の弱いところが出てきた感じです。
いや、以前からあったが治っていないことがわかりました。

いつまでもウジウジと考える、感情の切り替えが遅い、
苦手なことと向き合わず逃げる、感情に振り回され疲労する。

嫌なことがあったら引きこもるなんて、子供のやることだ。

復職するにあたって大きな課題が露呈した。
出来事にもよるが、その日のうちに感情をフラットに戻したい。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 双極2型・気分循環性・特定不能へ
にほんブログ村

プロフィール

ティベリウス

Author:ティベリウス
心を病魔に侵されたおじさんのブログです。
ちょっとこじらせてます。

2015年秋から休職。
2016年2月頃から復職に向けたリワークを開始しました。

ブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。